白鵬の舌禍騒動

白鵬が発した言葉が問題となっていますね。

私自信、あまり相撲を見ないので、気にしてはいなかったのですが、先日「やくみつる」さんが白鵬の優勝に苦言を呈した記事を見つけたので、ちょっと考えてみました。

まず、舌禍騒動ですが、これは試合中に審判の審判内容について「子供でも(勝敗が)分かる)といったことで騒動になっている件です。

まー、この問題直接はいろいろなところで騒がれて議論されていると思うので、ここではふれません。

なぜ、白鵬がこんなことを言ったのかという背景に近いニュースも見かけたので紹介。

白鳳は、横綱になって現役最強と言われています。
ただ、現役最強というだけで、今後の未来が無い状態の様です。

と、いうのは、親方になろうと思っても今のままではなれない様です。
親方になれる条件は「日本国籍を有する者」とあるらしく、このままでは親方になれません。
なので、引退後の未来が無いんです。

他の人だと、じゃあ国籍を変えればいいと思われる方が多いと思います。
白鵬ほどの日本への功績を考えれば、簡単になれると思います。

でも、簡単なのは、仕組み上の話で、実際には実行すると問題が生じるんです。

それは、白鵬のお父さんがモンゴル初の五輪メダリストだからなんです。

国民的英雄の息子がモンゴル国籍を捨てるとなったら、モンゴルでは大問題ですよね。

だから、白鵬は親方になれる条件の変更を求めてるらしいんです。

角界がどういう判断をするのかに今後注目が集まりそうです。

 

私は、「日本国籍を有する者」というのはおかしい考えだと思います。
「日本人」なら解りますが、国籍であれば、紙切れ1枚の話です。
もし、親方が日本国籍を持っていないとなれないのであれば、そもそも日本国籍を持っていなければ、相撲をやらせなければいいんです。
入れるだけ、入れてトップにはなれないというのはおかしな話だと思うからです。

社会

Posted by MIKI